ジェイゾロフト通販は、いつもあなたのそばにいる   >   ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトの副作用

あくびをする女性

ジェイゾロフトはSSRIと呼ばれる抗うつ剤のひとつで、それ以前の抗うつ剤と比較すると副作用と効果のバランスが整っており、依存性や離脱症状などのリスクも低いとされています。安全性が高いという理由で、日本国内はもちろん海外の医師には好まれているようです。

安全性が高いとはいえ、抗うつ剤なので多少の副作用は起こり得ます。まず、飲みはじめによくみられる症状として、賦活症候群(アクチベーション シンドローム)があります。これは、中枢神経系を刺激することで、気分が高揚したり衝動的な不安や焦りが伴うものです。不安や焦りが突如出てくるので、衝動的に自殺を図ることもあるようです。このような症状が出た場合には、すぐに服用を中止してください。

ジェイゾロフトを飲み始めると、下痢や吐き気などの胃腸障害も起こることがあります。心療内科や精神科によっては、ジェイゾロフトを処方すると同時に整腸剤を処方するところもあるようです。

他にも、性欲の低下や眠気、食欲不振といったさまざまな副作用が報告されています。ほとんどの場合が軽い症状におわり、飲み続けていくにつれて解消していきます。しかし、万が一重篤な副作用に見舞われ際には、ただちに医療機関を受診してください。

ジェイゾロフトは安全性が高いことから日本でも認可されており、医療機関ではよく処方される抗うつ剤です。ただ、なかには抗うつ剤が欲しいけれど病院に行けないという方もいるでしょう。そのような方には、海外医薬品の通販サイトの利用をお勧めします。通販サイトなら、ジェイゾロフトを注文して購入手続きを行うだけで、2週間程度で薬がお手元に届きます。医師の処方箋を取得する必要もなく、簡単に取引ができます。